身体の歪みの調整、骨盤矯正なら船橋市坪井西の【つぼい整体院】
*

坐骨神経痛

 当院には、坐骨神経痛で日々の生活に困っている方も来院されています。

 

当院に通院される “坐骨神経痛” の方の主な悩み・症状

主な悩み・症状

 

坐骨神経痛が改善されればこんな事も・・・

改善されれば

 上記の事は、ほんの一例にすぎません。
 坐骨神経痛から解放されれば、この様な日常が待っています。
坐骨神経痛を解消して快適な生活を送り、あなたの好きな事をしてみませんか?

 

坐骨神経痛とは・・・

 当院に来院される坐骨神経痛の方に痛み方や痛い場所を聞いてみると、必ずしも全員の症状が一致しているわけではありません。

太ももの前側がしびれている」「ふくらはぎから足の指先まで」「お尻だけが痛む」などなど。

 そして、症状も
ビビーッと電気が走るような…」「いつもピリピリしている」「張りが強くてつっぱった感じがする
など、様々な表現があります。

 これは「坐骨神経痛」の解釈が人それぞれ違うためのようですが、下半身に痛みやしびれ、違和感があるという部分は一致しているようです。

坐骨神経痛と言われる症状の出る部位

坐骨神経痛

 腰部、骨盤部から足の末端にかけて、太くて長い神経があります。
これが「坐骨神経」です。

 これだけ長い神経なので、その途中で何かしらの神経への刺激が加わると、この神経に沿った領域に痛みやしびれの症状が出てしまいます。

 坐骨神経は、お尻、太もも裏、ふくらはぎなど体の後面を通っているため、お尻から足の指の範囲に症状が出ることが多いのです。

また、坐骨神経は、膝の裏あたりで枝分かれしているため、障害を受けている部位によっては、膝より下の外側面辺りに症状を感じることもあります。
赤色の部分は症状の出る範囲、黄色線が坐骨神経です

坐骨神経痛の症状

 坐骨神経は図でわかるようにとても長い神経であり、広範囲に症状を出す可能性があるため、とても重要であることが言えます。

 この坐骨神経がどの部分で障害されるかにより症状の出る範囲や症状も違います。
坐骨神経痛がおきている場合、腰部やお尻などに筋肉の緊張がみられるケースも多く、坐骨神経痛に併せて不快な症状を感じる場合もあります。

 ほとんどの場合は、片側のお尻や下肢に痛みやしびれが出ますが、両側に症状が出ている場合は早急に病院へ行きましょう。
悪化すると肛門周囲へしびれが生じたり、排尿障害になることもあります。

 病院での検査結果で異常なしの場合、当院では、坐骨神経痛の根本的な原因は骨盤周りの筋肉のバランスが崩れた事が原因だと考えています。

 骨盤周りの筋肉のバランスが崩れることで骨盤の角度が変わり、骨盤周りの筋肉が異常に緊張してしまい坐骨神経を圧迫してしまいます。

 その結果、お尻から太ももの後ろにかけて鋭い痛み・痺れが連続的あるいは断片的に引き起こるのです。

 

坐骨神経痛とそれに伴う主な症状

● 腰の痛み、お尻の痛み
● お尻、太もも裏、足へかけての痛み・しびれ
● 体を動かすと痛みやしびれが悪化する(問題のある部位の状態により、前にかがめない、後ろへ体を反らす事が出来ないなど)
● 痛みのため歩行が困難になる
● 足に力が入らなくなる
● 下半身の筋肉の太さに左右差が出てくる
● 座っていられなくなる
● 足を触ると感覚が鈍くなっている

坐骨神経痛を起こす疾患とは?

 坐骨神経痛自体は疾患の名前ではないため、坐骨神経の痛みが出た場合は、原因になる疾患は何なのかを調べる必要があります。

 例えば、転倒した後に足への痛みやしびれを感じるようになった時のように、坐骨神経痛らしき症状が出たきっかけがはっきりしている場合と、ある日突然に痛み出した時のように、原因が自分でもよくわからない場合があります。

 心当たりが無い場合は、最近、他に体の不調がないかを思い返し、病院で診察を受ける際に医師に伝えましょう。

 

世代によって発症の原因が異なる

一般的な整形外科的診断では・・・
若年層の場合は、「椎間板ヘルニア」から併発するものが多く、年配の方の場合は、「脊椎すべり症」や「脊椎分離症」から併発する事が多いようです。

 鈍痛の場合は歩く際に少し痛みを感じる程度で済みますが、症状が悪化してくると痺れの範囲がお尻から足先へと拡大します。
更には背中を反る事ができなくなる場合もありますので、油断は禁物です。

 一般的な坐骨神経痛に関わる主な疾患を挙げてみます。
①椎間板ヘルニア ②ぎっくり腰 ③脊椎分離症脊椎 ④すべり症
⑤脊椎管狭窄症 ⑥梨状筋症候群 ⑦脊椎腫瘍 ⑧骨盤内腫瘍
この八つの病名が坐骨神経痛を引き起こすものとしては一般的です。

 腰の違和感や痛みが続いた後に、坐骨神経に沿った痛みやしびれが出る場合もありますが、「坐骨神経痛かな?」と思ったら、まず整形外科で検査を受けましょう。
 レントゲンやMRIで腰の状態を確認することができます。
悪化させると大変なものもありますので、痛みの我慢し過ぎには注意して下さい!

 

坐骨神経痛の予防について

まずは、生活習慣を見直すのが一番です。

予防としては
● 「腰に負荷を掛け過ぎない」
● 「体を冷やさない」
● 「カルシウムを摂取する」
といった誰にでも出来る方法が主なものになります。

 日々の生活では腰に負荷がかかってしまう行動は沢山あります。
 少しずつでも構いませんので、そういった腰への負担が大きい運動を控え、負担の軽いものへと代替することによって坐骨神経痛の予防としては大きな効果を期待出来ます。
 また、腰の筋肉・柔軟性の強化を行うことも非常に効果的です。

いくつかを例にしてみますと
● 重い物を持ち上げる時、膝を使うなどしてなるべく腰を曲げないように近づいて持ち上げる。
● 体重増加に気をつける。体重が増加することによって腰への負担は大きくなります。
● 長時間同じ姿勢を続けない。仕事上無理な人は、コルセットを巻いたりして保護。
● 高いヒール・硬い靴底の靴は避ける。これらの靴は腰への負担が多くなります。
● 固めのベッドを選ぶ。柔らかいものだと腰が沈み込み負担がかかります。
● 脚を組んだり、鞄を肩にかけるときは時々左右を変える。
● ウォーキング・水泳など腰への負担が少ない運動を定期的に行う。
● 足腰は温めるように心がける。体を冷やすのは神経痛の大敵と言われています。
● カルシウムを日頃からしっかり取る。これは他の病気予防にもなります。

 上記の予防法はそんなに気を配る必要はありません。
毎日の暮らしの中で自然と行えるように徐々に習慣づけていけば良いと思います。

 

周辺図

〒274-0069 千葉県船橋市坪井西1-1-28
TEL.047-462-5483

当院への道路案内

・新京成線 又は 東葉高速線北習志野駅より徒歩約20分

 バス…北習志野駅バス停から3番乗り場又は4番乗り場から乗り、東警察署前下車 →徒歩約5分

 東葉高速線船橋日大前駅(西口)より徒歩約10分(1kmの距離です)

・当院にお越しの際は、船橋総合体育館(船橋アリーナ)を目標建物とすると分かりやすいです

・分からない時は、お気軽にお電話下さい

一台分の駐車スペース有り