身体の歪みの調整、骨盤矯正なら船橋市坪井西の【つぼい整体院】
*

四十肩・五十肩

 当院には、肩こりで日々の生活に困っている方が多く来院されています。

 一見すると肩こりのような印象を持たれているのが「四十肩・五十肩」。
 これは筋肉の問題ではなく、関節におこる炎症が問題であり、倦怠感のような重みが特徴の肩こりに比べて、明らかな「痛み」と「可動制限」が特徴となります。

 四十肩・五十肩とは、年齢が40代以上から50代の人に多い肩関節の症状であり、医学用語では四十肩・五十肩のことを、肩関節周囲炎と言います。

 特に原因も無く自然に肩が痛み腕が上がらなくなる等、老化とともに肩関節が痛んだり動きが以前より悪くなるものです。

 ある日を境に、「肩があがらない」「夜間、肩が痛くて眠れない」「動作時に痛む」「手を後ろにまわそうとすると痛い」などの症状を訴えます。

 急性期はじっとしていても痛く、痛みで眠れないという人もいます。
慢性期になると徐々に動かせるようになりますが、ある程度まで動かすと痛みが生じます。

 何もせずに放っておいても自然治癒する場合もありますが、たいていは病院で治療を受けても症状が長引くケースが多いようです。
 右の肩がやっと治ったと思ったら左の肩になったりしますが、両肩がいっぺんに発症するケースは少ないようです。

四十肩・五十肩四十肩・五十肩
 

四十肩・五十肩の原因

 痛みは突然に襲ってきてある日を境にして突然痛くなるのですが、本人には思い当たる心当たりがありません。

四十肩・五十肩を引き起こすとされる原因の例

 原因についてはハッキリとした原因は解明されておりませんが、症状を引き起こす原因の例として、下記のものがあげられる事があります。

● 肩・背中の筋肉を動かさない事が原因のケース
● 腕を上げての作業、無理な姿勢をとり続けた事が引き金となるケース
● ゴルフやテニスのスイングなどが引き金となるケース
 (決してゴルフやテニスが悪いわけではありません)

 その他にも、生活習慣での癖が原因によってなるケースもあります。

 

「肩こり」と「四十肩・五十肩」の違い

 「肩こり」と「四十肩・五十肩」の大きな違いは「重さ痛みか」です。
「肩こり」の場合は筋肉疲労による機能障害が主なので「肩が重たく感じる」症状を自覚し、一方の「四十肩」は関節におこる炎症が主な原因なので「肩の痛み」が症状として自覚されます。

 「肩こり」と「四十肩・五十肩」は共に同じ肩周辺に起こる症状ですが、肩こりの多くが「筋肉の血行不良」によって引き起こされるものに対し、四十肩・五十肩は、肩の関節、関節周囲の靱帯関節包などが、炎症や拘縮を起こすからとされています。

 

周辺図

〒274-0069 千葉県船橋市坪井西1-1-28
TEL.047-462-5483

当院への道路案内

・新京成線 又は 東葉高速線北習志野駅より徒歩約20分

 バス…北習志野駅バス停から3番乗り場又は4番乗り場から乗り、東警察署前下車 →徒歩約5分

 東葉高速線船橋日大前駅(西口)より徒歩約10分(1kmの距離です)

・当院にお越しの際は、船橋総合体育館(船橋アリーナ)を目標建物とすると分かりやすいです

・分からない時は、お気軽にお電話下さい

一台分の駐車スペース有り